新刊「映画を聴きましょう」 11 月 7 日に発売決定!

映画雑誌『キネマ旬報』にて 2012 年 8 月下旬号よりスタートし、2017 年 10 月下旬号で 58 回を迎えた連載『映画を聴きましょう』を書籍化。また、特別企画として中沢新一氏との映画対談を収録するほか、『パンの漫画』(ガイドワークス刊)で知られる漫画家・堀道広氏による描きおろしイラストで、記憶に残る映画のワンシーンを再現します。

◎『映画を聴きましょう』連載内容
映画雑誌『キネマ旬報』にて、これまで観てきた映画、そして印象に強く残った映画 音楽について綴っている連載エッセイ。テレビ西部劇『ララミー牧場』に出演していたホーギー・カー マイケルの名曲『香港ブルース』や、フェデリコ・フェリーニ監督作品を数多く手がけたニーノ・ロー タ作曲『カビリアの夜』など細野自身も演奏する映画音楽から、最近ますます個人的興味が近づいて きたというウディ・アレンの監督最新作「カフェ・ソサエティ」まで、子どもの頃から続く映画体験の 記憶を辿る。連載タイトル『映画を聴きましょう』は子どもの頃に細野がよく聴いた映画サントラ集 から。

◎限定特典について
当商品は以下の販売サイトで、限定特典が付きます!
・Amazon:
Amazon 限定オリジナルポストカード ・ローソン HMV:
ローソン HMV 限定オリジナルポストカード

◎映画雑誌『キネマ旬報』について
1919(大正 8)年に創刊した『キネマ旬報』は、現在まで続いている映画雑誌として日本で最も古い歴 史を誇ります。毎月 2 回、5 日と 20 日に発売。豊富な映画情報を多角的な視点でお届けしています。

ニューアルバム「Vu Jà Dé」(ヴ ジャ デ)は自身初の2枚組、11月8日に発売決定!

「Eight Beat Combo」と名付けられたDisc-1にはライブでもおなじみの「Tutti Frutti」「Ain’t Nobody Here But Us Chickens」「Angel On My Shoulder」などの珠玉のカバーが、「Essay」と名付けられたDisc-2にはオリジナル新曲「Suzaki Paradise」、沖田修一監督映画「モヒカン故郷に帰る」の主題歌「Mohican」のニューバージョン、初商品化となるレアCM音源などバラエティに富んだオリジナル音源を収録。収録楽曲詳細は後日発表します!

さらに各楽曲への思いやその成り立ちを綴った細野自身によるライナーノーツもブックレットに記載、初回生産分はスペシャル・パッケージ仕様です。

アルバムリリース記念ツアーにスペシャルなゲスト 「清水ミチコ・イチロウ姉弟」が東京公演に、「ゆりやんレトリィバァ」が大阪公演! さらに台湾公演も来年1月に決定!

ナイツのゲスト出演が発表された11月15日の中野サンプラザ公演に、清水ミチコ・イチロウ姉弟のゲスト出演も決定!
さらに、11月30日のNHK大阪ホールでの公演のゲストは「ゆりやんレトリィバァ」。大阪公演のチケットは残りわずかになっています。

また、来年1月13日、台湾の台北でのライブも決定しました!チケットは、10/6から発売スタートします。
【細野晴臣新作發行紀念公演】
2018/1/13(土) open19:00/start19:30 @ 台湾・台北 Legacy台北
出演:細野晴臣(Vo,G), 高田漣(G), 伊賀航(B), 伊藤大地(Drs)
チケット発売日:10/6(金)
チケット料金:1.800NT$(前売)/2.000NT$(当日)
問い合わせ:你好我好有限公司 http://www.btpbtp.com
日本のお客様用WEB予約フォーム:http://www.btpbtp.com/hosono_tw.html

オンラインSTOREがオープンしました!

https://hosonoharuomi.stores.jp/

先日終了した「初夏ツアー」のグッズ販売からスタート!順次アイテムは増える予定です。8月中のご注文は送料無料でお届けします!これから、毎日平日午前10時時点のオーダーは、倉庫から当日出庫いたします。この機会にぜひご利用ください。

アルバムリリース記念ツアー東京公演に、ナイツ出演決定!

11月から6会場を回るアルバムリリース記念ツアーの東京・中野サンプラザ公演(11月15日)にナイツの出演が決定しました。
先日のTBSテレビ「オー!!マイ神様!!」の放送でも細野へのリスペクトを語ってくださった塙宣之さんですが、当日はナイツでどのような出演になるのかお楽しみに!
なおリリース記念ツアーのチケットは一般発売が7/22よりスタートしていますが、東京・福岡の2公演が即日ソールドアウト、他公演も残りわずかとなっています。

【細野晴臣 アルバムリリース記念ツアー】
11/11(土) open17:00/start17:30 @岩手・岩手県公会堂 大ホール
11/15(水) open18:30/start19:00 @東京・中野サンプラザ (thank you, sold out)
11/21(火) open18:30/start19:00 @高知・高知県立美術館ホール
11/23(木祝) open17:30/start18:00 @福岡・都久志会館 (thank you, sold out)
11/30(木) open18:30/start19:00 @大阪・NHK大阪ホール
12/8(金) open18:30/start19:00 @北海道・札幌市教育文化会館 大ホール

『HOSONO百景 いつか夢に見た音の旅』の文庫化決定!

沖縄、ハワイ、LA、ロンドン、パリ、東京、フクシマーー。世界各地で出会った人々や音楽から、いまだ訪れたことのないあこがれの楽園まで、細野晴臣が洒脱に語った旅行記が、特別語り下ろしと、いとうせいこうさんによる解説を加えて、ついに文庫化!

タイトル:『HOSONO百景 いつか夢に見た音の旅』
発売日:2017年9月7日
出版社:河出書房新社

また、10月には、キネマ旬報から新刊『映画を聴きましょう』も発売されます。
こちらもお楽しみに!

10月上旬にキネマ旬報社より『映画を聴きましょう』刊行決定!

今作は、映画雑誌『キネマ旬報』にて2012年8月下旬号よりスタートし、2017年7月下旬号で55回を迎えた連載『映画を聴きましょう』の書籍化です。
また、特別企画として中沢新一さんとの映画対談を収録するほか、『パンの漫画』(ガイドワークス刊)で知られる堀道広さんによる描きおろしイラストで、細野の記憶に残る映画のワンシーンを再現します。

連載内容は、映画雑誌『キネマ旬報』にて細野がこれまで観てきた映画、そして印象に強く残った映画音楽について綴っている連載エッセイ。テレビ西部劇『ララミー牧場』に出演していたホーギー・カーマイケルの名曲『香港ブルース』や、フェデリコ・フェリーニ監督作品を数多く手がけたニーナ・ロータ作曲『カビリアの夜』など細野氏自身も演奏する映画音楽から、ウディ・アレンの監督最新作「カフェ・ソサエティ」まで、子どもの頃から続く映画体験の記憶を辿ります。連載タイトル『映画を聴きましょう』は子どもの頃に細野がよく聴いた映画サントラ集からとっています。

「初夏ツアー」グッズ完成!

「初夏ツアー」グッズが完成しました!
本公演前日6/24(土)トークイベント@桜坂劇場から販売します。
グッズイラストは堀道広さんに描いてもらいました😀

初夏ツアーは全公演完売ですが、秋のアルバムツアーはHP先行受付中です!
【オフィシャルHP先行受付URL】https://www.funity.jp/h-hosono-hp/

Cornelius最新アルバム「Mellow Waves」の収録曲をリミックスしました!

Cornelius最新アルバム「Mellow Waves」の収録曲「In a Dream」をリミックスしました。
6月24日に発売する月刊誌「サウンド&レコーディング・マガジン」8月号に、楽曲のダウンロードコード(期間限定・MP3ファイル)が付属されます。
http://www.rittor-music.co.jp/magazine/sr/

【MEDIA】Folk Roots, New Routes、アドタイ出張所

雑誌・Folk Roots, New Routes フォークのルーツへ、新しいルートで
国内外の新世代フォーク音楽を紹介する本。細野晴臣×デヴェンドラ対談掲載
https://www.shinko-music.co.jp/item/pid1644778/

WEB・澤本・権八のすぐに終わりますから。アドタイ出張所
前編:https://www.advertimes.com/20170612/article251828/
後編:https://www.advertimes.com/20170613/article251829/